ミカヅキグサ

名前 ミカヅキグサ
漢字 三日月草
別名 マルバノチョウリョウソウ
花期 7月~10月
カヤツリグサ科
ミカヅキグサ属
形態 多年草
説明 北海道および本州(関西以西には少ない)、九州の高原や山地の日当たりのよい湿地に生える。
茎の高さ10cm~60cm。葉は線形、茎の長さと同じかやや短い。
花は茎先にかたまってつき、横からみると長さ5~6mm、逆三角形状で白く見えます。
由来 月に見立てたようですが、どの部分を見たのかは判然としません。
緑色中の白穂を夕闇の三日月、すなわち新月に比べたか細長い白色の小穂を三日月に似せたものかである。

戻る