ゲンノショウコ

名前 ゲンノショウコ
漢字 現の証拠
別名 ミコシグサ
花期 6月下旬~9月上旬
フウロソウ科
フウロソウ属
形態 多年草
説明 日本各地に分布し山野に生える。茎は地をはうか、またはやや直立し長さ50cm位。
葉は初め紫黒色のはん点ある。花は白色、紅紫色、淡紅色で径1~1.5cm。
日陰干しした葉をせんじたものは下痢止めの薬となる。
由来 現の証拠という意味で薬効が現れることに基づく。

戻る