カラマツソウ

名前 カラマツソウ
漢字 唐松草
別名 スズラン
花期 7月~8月上旬
キンボウゲ科
カラマツソウ属
形態 多年草
説明 日本各地の山地の草原に生える。全体に無毛。高さ90cm位中空、緑色あるいは紫色を帯びる。
葉は互生、下部に葉に柄があり、上部は無柄になる。葉柄や小葉柄の基部にある托葉状葉しょうは広く目立ち白色。
がくはつぼみのとき紫色、花時に落ちる。
由来 -

戻る