オゼコウホネ

名前 オゼコウホネ
漢字 尾瀬河骨
別名 -
花期 7月~8月
スイレン科
コウホネ属
形態 多年草
説明 本州群馬県尾瀬ヶ原の池沼に生える水草。
根茎は泥中をはう。葉は長さ1~3mの柄をのばし水面に浮かび長さ10cm位。
沈水葉は波状。花茎を水上へぬき出し黄色の花を1個つけ、径2~3cm。
がく片5は花弁状、内部に多数の小形の花弁と雄しべ、1個の雌しべがある。柱頭盤は深紅色。
母種はネムロコウホネで柱頭盤は淡黄色。
由来 -

戻る