ミゾソバ

名前 ミゾソバ
漢字 溝蕎麦
別名 ウシノヒタイ
花期 8月中旬~9月上旬
タデ科
-
形態 1年生草
説明 原野・山路・道ばたなどの水辺にはえる。普通は群生する。
茎は高さが30~40cmぐらいで長さは約70cm、
まばらに枝分かれし稜があり下向きに小刺が生えている。
秋に茎上の枝先に頭状様の花穂を出し10個前後の小花をつける。
由来 溝に繁茂するソバの類という意味。別名は葉の形が牛の額のようであるからである。

戻る