ホソバヒナウスユキソウ

名前 ホソバヒナウスユキソウ
漢字 細葉雛薄雪草
別名 -
花期 7月~8月
キク科
ウスユキソウ属
形態 多年草
説明 谷川岳や尾瀬の至仏山の蛇紋岩地帯の崩壊地や風衝草原に特産する。
ミヤマウスユキソウが蛇紋岩の超塩基性の酸性土壌に適応したための変種といわれている。
ミヤマウスユキソウよりも葉の幅は細く1~2mm。
白い綿毛に包まれた苞葉も幅が狭く、中心に黄色の頭花が数個つく。
由来 -

戻る