ホソバツメクサ

名前 ホソバツメクサ
漢字 細葉爪草
別名 コバノツメクサ
花期 7月中旬~8月中旬
ナデシコ科
タカノツメクサ属
形態 多年草
説明 本州中部以北・北海道の高山帯の砂礫地にはえ、蛇紋岩地帯にもよくみられる。
茎は束生し高さ3~10cm、微毛があり、上部に腺毛もある。
葉は針形で細く3脈があり、長さ3~10mm。
花は白色、径約5mm花びらは5枚、萼片が花びらの間から見えます。
由来 -

戻る