ハクサンシャクナゲ

名前 ハクサンシャクナゲ
漢字 白山石楠花
別名 -
花期 7月~8月
ツツジ科
ツツジ属
形態 常緑低木
説明 本州中部以北・北海道の亜寒帯に分布。亜高山帯の樹林の中、
高木限界付近に多く、ときに高山帯下部までに上り、ハイマツなどとまじる。
高さ40~400cm。葉は基部が耳形になる。冬は裏側に巻いて細長い棒状。
花冠は長さ3~4cm、雄しべ10。
由来 -

戻る