トモエソウ

名前 トモエソウ
漢字 巴草
別名 -
花期 8月
オトギリソウ科
オトギリソウ属
形態 多年草
説明 日本各地の山や野原の日当たりのよい草地にはえる。全体に無毛。
茎は直立し高さ60~90cm、4稜があり下部は木質となる。
葉は薄く長さ5~10cmで油点が散在する。花径は5cm位、雄しべは5束。日光を受けて開く1日花。
由来 花弁がともえ状となっているところからいう。

戻る