イワカガミ

名前 イワカガミ
漢字 岩鏡
別名 -
花期 6月~7月
イワウメ科
イワカガミ属
形態 多年草
説明 日本各地の低山帯から亜高山帯の林内の岩場や、草地に生える。
茎は短く、しばしば接して分枝。葉は長さ1~6cm、革質で光沢があり、長い柄をもち根ぎわに群生する。
花は根生葉の中央から高さ10cm位の基部に鱗片をもった花茎を出し、花冠は径1~1.5cm。
由来 岩場にはえ、葉に光沢があることから鏡に見立てた。

戻る