タケシマラン

名前 タケシマラン
漢字 竹縞蘭
別名 -
花期 6月
ユリ科
タケシマラン属
形態 多年草
説明 本州中部以北の亜高山帯の針葉樹林内に生える。全体に無毛。
高さ15~20cm、多くは中辺で2叉分岐する。
葉は長さ2~3cm、膜質で両面暗緑色で茎は抱かない。
花径は4mm位、淡赤褐色。液果は長さ5mm位。
由来 葉の状態からつけたと思われるが不明。
属名はギリシャ名でねじれた足という意味で、花柄がねじれて葉の下に入ることに基づく。

戻る