シラタマノキ

名前 シラタマノキ
漢字 白玉ノ木
別名 シロモノ
花期 6月
ツツジ科
シラタマノキ属
形態 常緑小低木
説明 本州鳥取県大山・中部地方以北・北海道に分布。
亜高山帯から高山帯下部の日当たりのよい岩石地、特に火山活動している硫気孔の周りに多い。
高さ10~30cm、茎、葉、実にサルチル酸エステルのにおいがする。
由来 花後に、がくが肥大し、さく果を包み白い球形になる。

戻る