ショウジョウバカマ

名前 ショウジョウバカマ
漢字 猩々袴
別名 -
花期 5月~7月
ユリ科
ショウジョウバカマ属
形態 多年草
説明 日本各地の山地で少し多湿なところ生える。根茎は短い。
葉は地に広がってロゼット状、老葉の尖端から時に新苗をだす。
葉は長さ5~18cm、少し革質で滑らか。
花は新葉が出る前に1本10~17cmの茎を出し、淡紅から紫まで色々、長さ1cm位。
由来 花を猩々の赤い顔に見立て葉の重なりを袴に見立たせた。

戻る