コミヤマカタバミ

名前 コミヤマカタバミ
漢字 小深山傍食
別名 -
花期 5月中旬~7月下旬
カタバミ科
カタバミ属
形態 多年草
説明 日本各地の亜高山帯の針葉樹林内に多く見られる。
根茎は細く地下をはい、先端部には古い葉柄の下部が鱗状に残り、頂部から数枚の葉をだす。
花は高さ4~10cmの花茎を出し葉とともに軟毛がある。頂に1花をつけ白色または紫紅色。
さく果は長さ4~6mm。
由来 スイバに似て小形のためについた。

戻る