イブキジャコウソウ

名前 イブキジャコウソウ
漢字 伊吹麝香草
別名 -
花期 6月中旬~8月上旬
シソ科
イブキジャコウソウ属
形態 小低木
説明 北海道・本州・九州の温帯から寒帯に分布。普通山の日当たりのよい岩地に生える。
茎は地上をはい、よく分枝し高さ3~15cm。葉は長さ5~15mm、両面に腺点がある。
由来 滋賀県伊吹山に多く、全体により香りがあるため名付けられた。

戻る