コバノトンボソウ

名前 コバノトンボソウ
漢字 小葉の蜻蛉草
別名 -
花期 6月~8月
ラン科
ツレサギソウ属
形態 多年草
説明 北海道から九州までの深山の日当たりのよい湿った草地に生える。
茎の高さ20~40cm。葉は長さ3~7cm、茎の下部に一枚つきます。
花は淡黄緑色、一定の方向に向いてつきます。トンボの尻尾のような距、長さ12~18mm、後ろへ跳ね上がります。
由来 -

戻る