キバナノコマノツメ

名前 キバナノコマノツメ
漢字 黄花の駒の爪
別名 -
花期 6月~7月
スミレ科
スミレ属
形態 多年草
説明 高山から亜高山帯の日当たりのよい草地や林のふちに生える。
地中深くに地下茎を有し、地表から5cm以下野所に越冬芽をつくる。
高さ5~15cm。葉は長い柄がある。
由来 葉の形を馬のひずめにたとえ、黄色い花をつけることからいう。

戻る