キヌガサソウ

名前 キヌガサソウ
漢字 衣笠草
別名 ハナガサソウ
花期 6月上旬~7月中旬
ユリ科
エンレイソウ属
形態 多年草
説明 本州中部以北の亜高山帯から高山帯下部に生える。
地下茎は横にのび、茎を1本出し高さ30~60cm。
葉は8枚時に7~11枚、表面に光沢があり裏面に短毛がある。
花は1個つけ外花被が花弁状、内花被は細かく小さい。液果は緑色でのちに暗紫色に熟し甘くなる。
由来 放射状に並ぶ葉状を奈良時代の高貴な人にさしかけた衣笠にみたてた。

戻る