オゼソウ

名前 オゼソウ
漢字 尾瀬草
別名 -
花期 6月中旬~7月
ユリ科
オゼソウ属
形態 多年草
説明 本州尾瀬の至仏山・谷川岳・北海道天塩の問寒別の蛇紋岩地帯の湿地で日当たりの良い場所生える。
根茎は横にはい、節からひげ根を出す。葉は根生しスゲに似て長さ15cm位。
花は前年の葉の群の中から茎を1本出し、新葉を並立しより高く5~20cm、柄のある花を総状花序に開く。
由来 初めて採取した尾瀬から名前が付いた。

戻る