オオバキスミレ

名前 オオバキスミレ
漢字 大葉黄菫
別名 -
花期 6月~7月上旬
スミレ科
スミレ属
形態 多年草
説明 本州近畿以北・北海道の低山帯上部から亜高山帯の湿気の多い草地や林の縁に生える。
地下茎は短くはい、よく群生する。高さ15~30cm。
茎葉は上部に3~4枚、少し下がって1枚あり長さ5~10cm。花弁は長さ1~1.5cmで側弁に毛がある。
由来 葉が大きいことからいう

戻る