リュウキンカ

名前 リュウキンカ
漢字 立金花
別名 -
花期 5月~6月
キンボウゲ科
リュウキンカ属
形態 多年草
説明 北海道・本州・九州・および千島などの温帯から暖帯に分布。
湿地や沼地にはえ、ときに観賞用として庭に植えられる。
根は白色のひげ状。茎は直立し高さ60cm位で中空。
根生葉は束生し長い柄がある。花は花弁はなく、花弁のように見えるのはがく片で5~7個。
由来 茎が直立し花の色が金色だから。

戻る