ミタケスゲ

名前 ミタケスゲ
漢字 御嶽管
別名 -
花期 6月~7月
カヤツリグサ科
スゲ属
形態 多年草
説明 本州・北海道の寒帯に分布。亜高山帯の湿地にはえる。
束生し、茎はやや硬く純3稜、高さ20~50cm。葉はやや幅広い線形、互生。
花は茎頂に無柄の長さ1cm雄花穂1個をつけ、下方に細い柄のある雌花穂3~4個を葉えきに着生する。
雌花穂は四方に開出する果胞があり、特殊の形態を示す。
由来 -

戻る