ハナニガナ

名前 ハナニガナ
漢字 花苦菜
別名 -
花期 5月~7月
キク科
ニガナ属
形態 多年草
説明 北海道・九州の山地にはえる。全体は二ガナよりも大きく、
茎は高さ40~70cmになり、先に黄色の頭花をつける。
舌状花は8~10個からなる。葉は倒卵状長楕円形~広披針形で、
鋸歯があり、茎葉は茎を抱く。根生葉の大きなものは20cmを超える。
由来 花が目立ち、茎や葉を切ると苦味のある乳液がでることから名付けられた。

戻る