夏休みに入っても雨天続き・・・

こんにちは!東電小屋です!

夏休みになると、毎年多くの家族連れで賑わう筈の尾瀬ですが、今年は雨天続きのため、宿泊予約のお客様以外は東電小屋までは来られないようで、昼間はとても静かな日々が続いています。
 雨具を着て不快な思いをされるかもしれませんが、雨に濡れた尾瀬も視点を変えればとても魅力的な風景に変わります。特に湿原の花々は雨水が生命線となる事から、濡れている方が魅力を増すような気がいたします。
 ただ、濡れた木道は非常に滑りやすいので、滑り止めグッズを利用するか普段より歩幅を小さくし足裏全体でしっかり踏みしめてから次の一歩を踏み出すようにして、事故の無いように安全にお出かけ下さいませ。
 
 今回は雨上がりの尾瀬ヶ原、濡れたコオニユリやネジバナ、一瞬の晴れ間に小屋前のミヤマイボタ集まった蝶、珍客などを掲載いたします。

記事の一覧へ戻る