東電小屋の相部屋について

 東電小屋前の桜も盛りを過ぎ、周辺の山や湿原もようやく
緑に包まれてきました。

 今回は、お客様からのご質問で多い東電小屋での相部屋に
ついて、ご説明したいと思います。

 当施設の場合、お客様へゆっくり泊まって頂く事を前提に
6畳和室タイプならば2~4名程度で予約をとっており、個室
の場合の多くは本館の和室タイプをご利用いただいております。
非営利団体ではございませんので、和室タイプはなるべく人数
の多い方を優先しておりますのでご了承下さいませ。

 男女別相部屋の場合、基本的に別館の2階にて段ベッドタイプ
のお部屋にて他の方と相部屋となりますが、他の山域の詰込み
相部屋の山小屋と違い、カーテンで仕切られた自分の空間を確保
する事が出来ます。
 単独山行の方が多いのですが、個室希望でも部屋に空きが無け
ればこの段ベッドタイプのお部屋でご夫婦やご家族で入っていた
だく場合もございます。
特に夏休みに多いご家族のお子様は、段ベッドの上段が気に入っ
てリピートされる場合もございます。

 通過されるお客様から、「満室で予約が取れない」というお話を
よく聞きますが、相部屋部分は空室だらけの平日がこれから続きます。
 相部屋同士がきっかけで、他の山域に一緒に出掛けるようになられ
たお客様もいらっしゃいますので、一度は山小屋での相部屋をご経験
下さいませ。

東サクラ
  • 和室
  • ベッド
  • 湿原
  • 売店

記事の一覧へ戻る