冬の尾瀬で大物ヒット!

尾瀬ファンの皆様、入山が可能となるまで、早いもので1カ月を切る
ようになりました。

里では春らしい陽気となり桜前線も北上中ですが、3月末の尾瀬では
3m程度の積雪が確認されており、まだまだ冬の装いを纏ったままと
なっています。

さて、今回は尾瀬で大物をヒットさせた釣行写真ではなく、除雪作業でも
難易度の高い雪庇落としの作業を行うために釣具を活用している写真や、
雪に埋まる建物、風景等の写真をご紹介いたします。

1枚目は雪庇にロープを掛けるため、釣り具で反対外へおもりを投げ
ロープを引っ張る様子、2枚目3枚目は東電小屋別館の作業前と作業後
4枚目は東電小屋の東側ですが、過去にここまで雪が溜まったのは
建て替え後の平成3年以降初めてでした。5枚目6枚目はヨッピ吊り橋
除雪作業、東京電力より受託する尾瀬の公共的施設整備の一環で、やはり
橋の上部を含めて、一昨年の大雪よりも多く感じました。7枚目は東電
小屋から見た夕暮れの尾瀬ケ原、8枚目は移動中のヘリから見た燧ケ岳
です。

現在の残雪状況から、花の見ごろは例年並みで推移しそうな感じです
ので、ご予約の参考にしてくださいませ。

釣り

記事の一覧へ戻る