ニッコウキスゲ、尾瀬ケ原では一番乗り!?

皆様こんにちは

  ニッコウキスゲが一株だけ、東電尾瀬橋~赤田代分岐間にて開花して
いたので、報告します。
 
 木道周辺のニッコウキスゲは、日中に木道が吸収した熱が温室効果と
同じ効果をもたらすせいか大きく蕾が膨らんできましたが、湿原内の
ニッコウキスゲは花芽が見えない個体も多く、一斉に開花する時期は
まだ不明です。

 霜で痛めつけられたレンゲツツジやヤマドリゼンマイなども復活して
花や緑を取り戻しました。

 また、ハクサンチドリやカキツバタ、オゼコウホネやヒツジグサ、
クロバナロウゲ、コタヌキモといった初夏の花々も開花が始まっています。

 

記事の一覧へ戻る