朧月夜には・・・

今回は東電小屋より、従業員の夜の生態についてご紹介いたします。

 宿泊客の夕食時間が終了し、食器の片付けや翌朝の準備が終了すると
当日の業務が終了いたします。その後、自分たちで工夫を凝らした?賄い
を食べて晩酌をしながら、当日の反省や翌日の業務について意見を交わし
ます。夕食後は完全に自由な時間となり、ここで喫煙率の高い東電小屋では、
外の喫煙場所へ自然と皆が集まります。

 この時、天気が良ければ星空を楽しんだり、鹿をライトで探してみたり
蛍を鑑賞したり、とにかく尾瀬の自然を満喫して英気を養い、翌日に備え
るのが日常です。

 今回の写真は、月が出る事によって星空の楽しみが半減しておりますが、
すかさず月見に気持ちを切り替えて撮影した1枚です。

 さて、今年は星空などを楽しむ仲間がまだまだ不足しており、興味を持って山小屋で働いてみたい方がいらっしゃれば、ぜひご応募いただき、一緒に
星空などを眺めたり自然を満喫しませんか。

朧月夜には・・・

記事の一覧へ戻る